準硬式野球について


準硬式野球
一般の人にはまだまだマイナーな競技かもしれません。

 

 

元来、野球とは「硬式野球」のことでした。
現在でも、野球の本場アメリカでは、小さい子でも、野球をするときには硬式球を使います。

 

硬式球はコルク芯に縄をきつく巻きつけたものに牛皮等で覆って作られます。
しかし、硬式球は硬くて、小さい子が遊ぶには危険であるという考えから、日本では中を空洞にしてゴムラバーを施すことによって、球の硬さによる危険を抑えた「軟式球」が普及しました。

 

硬式球は、皮ラバーであるため雨等の水分に弱く、また、皮は縫製されているため、耐久性に難点があります。

 

軟式球は、危険度を落とした分、ゴムまりのような構造になり、ボールの重さ、弾み方などが、硬式野球のそれと大きく異なるものになってしまいました。

 

そこで、双方の欠点を補うために生まれた野球、それが準硬式野球です。

 

準硬式野球は、ルール・用具・規格等は、硬式野球とほぼ同じです。
ただ、使用するボールが異なります

 

準硬式球は、硬さを硬式球に近づけるため、硬式球と同じ中身を使います。
そして耐久性を上げるため、皮ではなく軟式球のようにゴムでラバーを施します。
こうして、水分に強く、使用感が硬式球に近い「準硬式球」となるわけです。

 

 

現在、野球日本で最もメジャーなスポーツとなりました。

 

しかし、世界的に見れば、野球を行っている国は数えるほどでしかありません

 

その要因の一つとして、多様な気候に対応できず、また、耐久性に乏しいためコストがかかるという硬式球の特徴が挙げられると思われます。

 

そこで、世界に野球をもっと広げるためにも、準硬式野球をもっとメジャーにしたい!!

 

 

…な〜んて、後から取ってつけたような堅苦しい理由はどうでもよくって、とにかく、硬式野球出身の人も、軟式野球出身の人も、全然野球なんてやったことのない人も、み〜んなまとめて一緒に野球を楽しもうよ!っていう野球、それが準硬式野球です。


戻る